【Covid-19】日本⇔ベトナム・タイ間のレジデンストラックによる入国受付開始について(公開記事)

作成日 : 2020年8月6日

■レジデンストラックの受付開始


日本⇔タイ・ベトナムの往来されたい方向けに、2020年8月6日の日本時間14時(ベトナム時間12時)から経産省のオンラインセミナーが開催されました。
7月29日から対象国との間で入国後14日間の自宅等待機は維持しつつ、双方向の往来を再開する『レジデンストラック』の受付が開始し、その説明会となっています。
https://www.meti.go.jp/covid-19/ourai/thai_vietnam.html

セミナー資料も以下から公開されています。
https://www.meti.go.jp/covid-19/ourai/pdf/20200806.pdf
内容については上記資料が詳しいので、基本的に資料を確認することを推奨致します。

 

■概要


詳細は運用されながら変わってくると思いますので、大使館のサイトや旅行会社の案内もご確認ください。

(注意点)
・長期滞在者を前提とする「レジデンストラック」については、他国とも協議しているが現時点でまとまっているのがベトナム・タイ。
・短期出張者を前提とする「ビジネストラック」はまだベトナム・タイでも交渉中。
・現在は7/29よりレジデンストラックのみ申請開始
・タイとベトナムも若干書類が違うので注意
・日本人とベトナム人・タイ人も対象者や書類などが異なるので注意


【日本人:日本→ベトナム・タイ】
日本人が日本からベトナム/タイに入国する場合、以下の手続概要となります。

①大使館でビザ申請
②出国前のPCR検査
ベトナム:入国の3-7日前
タイ:渡航前72時間以内に発行
陰性の場合には「陰性」の検査証明が出る
③各国入国後に指導に従う

ベトナムは既に細かい手続きの詳細が在ベトナム日本大使館からも公表されており、下記をご確認ください。
https://www.vn.emb-japan.go.jp/itpr_ja/20200731nyuukoku.html

現時点では、「ベトナムへの入国」には、
ア 入国承認等の事前申請・取得、及びTRC又は査証の事前申請・取得、
イ 入国の3日から7日前までに日本で実施したPCR検査陰性証明書の取得、
ウ 医療申告、
エ 入国後、14日間の隔離、
オ その間(上記エ)の複数回(通常2回)のPCR検査、

が必要です。こちらの手続の詳細について、上記の大使館のURLに説明されています。
実務上は旅行会社でもこちらの手続の代行や案内をしているところもあるようですので、ご確認ください。

※タイは航空便が決まり次第、大使館のサイトでお知らせがあるとのことです。

【日本人:タイ・ベトナム→日本】
日本人がタイ/ベトナムから戻る場合には、以下の手続となります。

①帰国14日前から検温
②外務省に帰国日届け
③PCR検査→空港での待機
④検疫時に帰国日届出受領書・誓約書・質問書を提出(各アプリ登録)
⑤帰国後14日の自宅等待機



このページをA4版で印刷する

<関連記事>

2020年9月1日
【Q&A】 【Covid-19】日本⇔ベトナム・タイ間のレジデンストラックによる入国受付開始について(公開記事)
2017年2月28日
【Q&A】 ベトナムの電子ビザ申請手続き
2016年11月29日
【Q&A】 外国人の移動中のパスポートの所持義務について
2016年7月11日
【Q&A】 出張で入国する場合の就労許可(ワークパーミット)が必要となる日数を教えてください(11/2016/ND-CPにおける免除対象者)
2016年4月30日
【Q&A】 ベトナム出入国管理(ビザ)上の注意点